診療のご案内

診療案内 神経ブロック療法について リハビリテーションについて MRI/骨密度検査 よくある質問 採用情報

TEL:0466-27-8388


かすが整形外科公式Instagram

リハビリテーションについて

リハビリテーションとは

外傷や疾患により低下してしまった身体機能、特に関節機能や筋力などをできる限り回復させることを目的に行います。また、同時に残った機能が低下することを予防しながら、日常生活にできるだけ支障が生じないようにしていきます。


治療法について

当院ではメディカルリハビリテーション(社会復帰を目的としたリハビリテーション)の物理療法や運動療法を行うことによって痛みを取り除き、低下した筋力や関節及び神経の機能回復や改善を目的とした治療を致します。 さらに、運動機能の向上を図るためにスポーツリハビリテーション(スポーツ復帰を目的としたリハビリテーション)やアスレチックリハビリテーション(競技復帰を目的としたリハビリテーション)の組み立ての指導も行います。 また、生活習慣病に対しては有酸素運動(エアロビック)を中心とした運動療法を指導し、疾病予防のリハビリテーションも行います。

リハビリテーション科の主な対象疾患

腰痛症

腰痛症のリハビリテーションは、腰痛体操・運動療法の指導や、物理療法(温熱・寒冷療法、牽引など)、装具療法としてのコルセット作製などがあります。 腰痛へのアプローチで最も重要とされるのはその予防で、有効な予防法の研究が行われています。


頸部痛

頸部痛は、首周りの痛みだけの場合と肩周囲の運動制限が伴うことがあります。 リハビリテーションは、頸部周囲をリラックスさせたり、筋肉のマッサージ・ストレッチなどの理学療法を行います。 あわせて物理療法(温熱・寒冷療法、牽引など)を行う場合もあります。 前項の腰痛症にも当てはまりますが、生活指導を受けることが悪化・再発を防ぐことにもなります。


変形性関節症

各関節の変形による病気で、多くは痛みを伴います。 リハビリテーションでは、関節に痛みを出さない状態での筋力強化訓練などの運動療法、鎮痛を目的とした温熱・寒冷療法などの物理療法、装具処方による関節保護を行います。 慢性的な疾患ですので、関節症状を悪化させないための生活指導や自主トレーニング指導が必要となります。


骨粗鬆症

骨粗鬆症では、未治療では骨折等に進行するおそれがあり、骨折の予防としても、リハビリテーションが重要となります。 リハビリテーションとしては、骨の強さと歩行能力などを維持・改善する目的で運動療法を行い、日常生活で続けられるような運動を指導します。 また、症状にあわせて物理療法・装具処方を行います。